WEBライティング技能検定に合格すると報酬がアップ!

レディ

副業でもガッツリ稼げる

WEBライティング技能検定は、日本クラウドソーシング検定協会の認定資格です。そして、この資格試験に合格すると、WEBライティング実務士の称号が授けられます。するとクラウドソーシング内で、有益な活動を行うことができるようになります。副業でWEBライターをしている場合でも、報酬の高い仕事ができたり、記事の単価が上がったりしますので、ガッツリ稼げるようになります。

今熱い!WEBライターという仕事

今、ネットを使った不特定多数の人に業務を委託するクラウドソーシングの市場が、急成長しています。その理由は、仕事を発注する側は、その業務が得意な個人に、切り分けて注文できるからです。また、仕事を受ける側は、時間や場所にとらわれずに仕事ができるからです。このように双方にメリットがあるため、市場が急成長しているのです。そして、このクラウドソーシング市場で、中心となっている仕事がWEBライターです。今最も熱い仕事なのです。

資格で自分のスキルをアピールしよう

就職活動などで履歴書を提出する際は、自己アピール欄に資格を記入しましょう。そうすればWEBライティング実務士を武器に、クラウドソーシング市場にて、より仕事を受けることができます。また、自分のライティングスキルが高い証明にもなりますので、より高度で単価のある仕事を受注することができます。

資格を持っていると仕事の単価が上がる

WEBライティングの仕事に応募する時は、スキルの高さや過去のライティング経験などを要求されます。また、WEBライターも数多くいるため、他の応募者よりも高いスキルで差別化を図らなければ、仕事をすることはできません。そのため、WEBライティング技能検定に合格する必要があるのです。そのことがスキルの証明になりますので、今までよりも単価の高い仕事を得ることができます。

仕事に繋がるオススメ検定や資格ランキング

no.1

日商簿記検定の上級資格

日商簿記検定を持っている人は、経理会計関係のスペシャリストです。そして、上級資格を持っているほど、そのスキルが高いと認められます。また、簿記は仕事をする上で、あらゆる所に関わってきますので、業種を問わず役立ちます。

no.2

TOEIC

TOEICは、英語関係の検定の中で最も有名です。そして、点数が高ければ高いほど、英語のスペシャリストとして認められます。そのために、TOEICの点数は、クライアントから選別される基準になりますので、高い点数を持っているほど、仕事が受注しやすくなるのです。

no.3

WEBライティング技能検定

WEBライティング技能検定の合格者は、クラウドソーシング上の仕事において、他のライターとの差別化が図れます。そして、この資格がとスキルの証明となり、高単価での仕事に繋がっていきます。

no.4

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格を持っていると、お金に関するスペシャリストの証明になります。そして、金融商品の知識や税金の知識などの高いスキルが、仕事の受注に繋がりやすいです。また、いくつかの資格があり、より上級な資格を取得すると仕事に繋がりやすくなります。

no.5

マイクロソフトオフィススペシャリスト

ワードやエクセル、パワーポイントなどのマイクロソフトオフィスの利用スキルを証明できる資格です。ワードやエクセルなどは、仕事をする上で必要になってきますので、この資格を持っていることで、オフィス製品を使いこなせることの証明になります。

通信で資格を目指せば仕事と両立して取得できる

クラウドソーシング市場でWEBライターとして働きたい人は、WEBライティング技能検定の取得を目指すと有利です。そして、現在の仕事を辞めないで、資格の取得を目指したい場合は、通信講座がおすすめです。それは、WEBライティング技能検定の通信講座は充実していて、仕事と両立して勉強することができるからです。

[PR]webスクールに通おう
IT業界で働くためのスキルを勉強

WEBライティング技能検定を受験するまでの流れ

専門の教材を請求する

WEBライティング技能検定に合格するためには、専用の教材を取り寄せなければいけません。そして、専用の教材を使って勉強をしていきます。教材にはライティングの基礎やWEB原稿の作成方法など、資格取得に向けてわかりやすい情報が満載です。

模擬試験を無料で受験する

WEBライティング技能検定の専用の教材を取り寄せると、模擬試験を受けるためのIDがもらえます。そして、そのIDを使って、3回までなら無料で模擬試験を受けることができます。模擬試験は選択形式で、ライティングの出題はありません。

協会認定の本試験を受ける

協会認定の本試験を受けるために、日本クラウドソーシング検定協会HPから試験の実施日を調べます。そして、その指定日までに、6,000円を振り込みます。その後に、オンライン上で、本試験を受けることができます。この試験の内容は、選択問題50問と、実際のライティングが4問です。

広告募集中