まずは講座に申し込み!WEBライティング技能検定とは?
ロゴ

Technical Skills

ライターの基本が身に付けば合格できる!WEBライティング技能検定

WEBライティング技能検定の試験時間

WEBライティング技能検定は、月に1回、オンライン上で行われる検定試験です。そして、その試験時間は、90分間になります。また、この試験の受験資格は、対象のWEBライティング技能検定講座を購入した人になります。講座を購入していない人は、受験することができません。

WEBライティング技能検定の出題項目

ビジネスマナーやセキュリティ等に関する設問

クラウドソーシングという新しい働き方について、理解がどのくらいあるのかを問います。その中には、受注者が持っていなければならないビジネスマナーのスキルや、個人情報保護の基礎知識、セキュリティについての理解を問うの設問等があります。

文章作成技術や検索エンジンに関する知識

クラウドソーシング市場でWEBライターとして働くためには、文章作成の技術や、検索エンジンに関する知識が必要になります。そのために、そのことに関連する問題が出題されます。

一般教養に関する選択式問題

一般教養も出題されます。例えば、知っておかなければならない文法や、絶対にしてはいけない誤字脱字についてなど、基礎中の基礎が出題されます。社会で働く上で大切な知識をもっているかが試されます。

実技ライティング問題

ライティング問題が4門出題されます。試験問題の配分は、50問の選択問題が50点、ライティング問題が200点の計250点満点になっています。このように、ライティング問題の点数の配分が非常に高くなっていますので、合否を分けるポイントとなっています。

まずは講座に申し込み!WEBライティング技能検定とは?

パソコン

WEBライティング技能検定の合格率

WEBライティング技能検定の合格率ですが、日本クラウドソーシング検定協会によると、第1回の本試験から第22回の本試験受講者数より算出した合格率は54.2%です。そして、選択問題では、受験者のほとんどが9割以上の得点を取っているとのことなので、ライティング問題が、合否を分けるポイントになっていることは明確です。

合格するためにはどのくらいの勉強が必要?

WEBライティング技能検定に合格するためには、まずは選択問題の攻略です。これについては、専用の教材についてくる問題集を解けば、問題なく得点が取れます。そして、教材も薄いので、1週間くらい勉強すれば問題ありません。しかし、問題はライティングにかける勉強時間です。これについては、基礎ができているかどうかにもよりますが、重点的に時間をかけて勉強をして下さい。

おすすめの勉強法

WEBライティング技能検定に合格するための勉強法ですが、文法が正しく使われていて、読みやすい文章かどうかがポイントのため、実際に文章を繰り返し書くことをして下さい。そのために、過去に出題された実技ライティング問題をもとに、文章を作成しましょう。そして、模範解答と比べて何が違うのかを理解することが大切です。

もし落ちても安心の返金保障付き

WEBライティング技能検定の受験をするためには、専用の講座を受講する必要があります。そして、その講座が終了した後に、WEBライティング技能検定を3回受験して、すべて不合格だった場合には、受講料が全額返金されます。また合格後、協会が推奨するクラウドソーシング会社にすべて登録しても、仕事が無かった場合、受講料が返金されます。

WEBライティング技能検定を受けた方の口コミ

選択問題は簡単だったけど

WEBライティング技能検定を受験した感想ですが、選択問題については、教材で勉強していたので、満点が取れるくらい簡単でした。そして、これはいけると思ったのですが、ライティングの実技試験は、難しくパニックになってしまったこともあり、結果は不合格でした。

受講料の32,000円は高かったですが・・・

専用の講座を受講しなければいけないのですが、その受講料がなんと、32,000円もするのです。受講料がもったいないので、猛勉強して合格することができました。32,000円は高いですが、そのことがモチベーションになったので、よかったと思います。

WEBライターとして活躍するために

WEBライティング技能検定に合格しました。合格したのは嬉しいですが、まだスタートラインに立っただけです!この資格を武器に、WEBライターとして活躍したいです。

この資格がどのように活かせるか楽しみです

WEBライティング技能検定に合格して、本当に嬉しかったです。絶対受かりたかったので、一生懸命勉強しました。つらい時もありましたが、頑張ってよかったです。これからこの資格を糧に仕事します!

2回目の試験で合格しました

私は、初めて受けた時は、不合格でした。原因は、実技ライティングの問題がうまく書けなかったからです。なので、ライティングの過去問を中心に勉強しました。そして、弱点を克服してから試験を受けたところ、合格することができました。

広告募集中